福島県の合宿免許教習所 | 合宿免許なら運転免許トロッカ!

更新日:

3地区からなる広い県

福島県は東北地方の南部にある県。面積は1.37万km²。北海道、岩手県に次ぎ全国で3番目に広い都道府県です。 福島県は、太平洋側に面した浜通り、阿武隈高地と奥羽山脈にはさまれた中通り、奥羽山脈と越後山脈にはさまれた会津の3つの地方からなります。
浜通りは、太平洋側に面し、関東地区とのつながりが大きい地方です。鉱工業が盛んでしたが東日本大震災と、福島第一原発の事故で大きな被害を受け、復興中です。
中通りは、福島県の半分強の人口を有する中心地。県庁所在地の福島市もここにあります。フルーツ王国としても知られ、桃や梨が名産です。会津は新潟県に隣接した豪雪地帯。幕末の白虎隊で有名な若松城、喜多方ラーメンなどが人気です。

また、福島県は安全な食材と美しい自然環境で知られています。県内の食品は国際的な基準を下回る検査結果を持ちながら、風評被害に悩まされてきました。しかし、その安全性は非常に高く、日本国内で最も厳しい基準をクリアしています。また、農林水産省主導の「#食べるぜニッポン」キャンペーンは、福島県を含む全国各地の食材の魅力を広くアピールしており、SNSなどで話題になっています。このキャンペーンは地域の復興と食材の評価向上をサポートし、福島の美味しい食文化を広めています。福島県を訪れる際は、安心して美味しい食事を楽しむことができることでしょう

福島県の合宿免許は、どの県からの入校者が多いか!ランキング

(2010∼2014年当社実績)

  1. 東京都
  2. 神奈川県
  3. 千葉県
  4. 埼玉県
  5. 茨城県
  6. 宮城県
  7. 新潟県

北海道/東北エリアの合宿免許を見る

※各教習所の料金は年間の最安値~最高値を表示しております。

普通車AT236,500円405,900円(税込)

東京から郡山市までは新幹線で75分!郡山駅にほど近い街なかでの合宿免許です。校内宿舎は教習所敷地内でとっても便利&設備も充実。また、郡山駅近くのホテルもご用意。おもてなしの心を大切に、教習生一人ひとりをしっかりサポートしてくれる教習所です。

昭和ドライバーズカレッジイメージ

普通車AT220,000円365,200円(税込)

夏や避暑リゾート地、冬はスキーで人気の南会津での合宿免許。山々や豊かな自然に囲まれた教習所で、日常を忘れてノビノビと過ごせます。宿泊するのは教習所敷地内の校内宿舎。60歳までの充実保証つきなので、安心して教習が受けられます!(対象期間:シングル特割日、入校日ピンク)

会津田島ドライビングスクールイメージ

普通車AT220,000円374,000円(税込)

映画「フラガール」の舞台となった「スパリゾートハワイアンズ」があるいわき市での合宿免許。宿泊施設は常磐湯本温泉郷に立地する専用宿舎「よしの館」がおススメ!格安の料金なのに、毎日無料でかけ流しの源泉が楽しめるんです!

湯本自動車学校イメージ

普通車AT213,000円408,000円(税込)

街なかの便利さと自然とが共存する環境の中で、便利に快適に過ごせる合宿免許です。教習所周辺には商業施設も多く、買い物や外食にも便利。またテニスコートやプールもあり、スポーツ好きにもおススメ。ご当地グルメ白河ラーメンの食べ歩きも楽しもう!

南湖自動車学校イメージ

普通車AT253,550円332,200円(税込)

宿泊施設は「北郡山カントリークラブ」のクラブハウスを利用。合宿生は、毎日ゴルフを無料でプレイすることができる特典付きの合宿免許です。手作りの食事も、味・ボリューム共に大満足!また充実したアメニティグッズも、長期滞在にとっても役立ちます。

本宮自動車学校イメージ

普通車AT245,000円350,000円(税込)

奥州3名湯に数えられる名湯「飯坂温泉」に宿泊する合宿免許。レギュラー(相部屋)タイプで利用する旅館は、24時間いつでも温泉利用可。畳のお部屋でリラックス!また、駅近で繁華街に立地するホテルもご用意。ツイン、シングルはホテルをご利用ください。

マツキドライビングスクール 福島飯坂校イメージ

福島県ってどんなところ?

合宿免許では、その地域のことや周辺環境も気になりますよね。そこで、このページでは福島県のことについてご紹介したいと思います。

夏は涼しく、冬は暖かい!?福島県の地域ごとの気候をご紹介!

福島県は東北地方の中でも南部の太平洋側にあり、東西に広いので海側と山間部とでは気候もずいぶん違います。太平洋に面した「浜通り地方」は太平洋の海流の影響を受けて、夏は涼しく冬は暖かいという海洋性の気候です。浜通り地方の冬は東北地方の中で降雪が最も少なく1月の平均気温は埼玉や東京の八王子よりも少し高い3.6度となっています。

内陸部で標高が高い阿武隈高地は内陸性気候で、冬は氷点下10度より低くなることもあるほど寒さが厳しいのですが、太平洋の影響を受けていて降雪は少ないです。また夏は涼しく、時には冷害を受けることもあります。

阿武隈高地と奥羽山脈の間にある「中通り地方」も内陸と太平洋の両方から影響を受けていますが、阿武隈川の西側の冬は日本海の影響を受けることもあって豪雪になることもあります。しかし、北部に行くほど標高が低くなるため、年間を通して温暖な気候です。

奥羽山脈と越後山脈にはさまれた「会津地方」は、日本海の影響を受けて冬は県内で最も寒さが厳しく、標高の高いところでは氷点下20度にまで下がることもあり、また全域が「特別豪雪地帯」に指定されるほど降雪の多い地域となっています。ただ、夏季はフェーン現象の影響で高温になることもある地域です。

福島県にはどれくらいの人がいるの?

県内の人口は2023年8月の県の調査時点で176万9884人です。2010年には202万9064人でしたが、東日本大震災とそれに伴う原発の事故によって、県外移住者が増加した影響で人口が11万人ほど減少しました。震災の時に全域が避難指示地域となっていた大熊地区、双葉地区、富岡地区、浪江地区は人口がゼロになっています。しかし仮設住宅の設置による移住や、県内で被災した場所のうち98%のところで復旧工事が着手され、80%以上のところで完成しています。その後の台風による被害に関しても復旧工事が完了しているという現状です。

交通環境はバツグン!福島県の合宿免許は行きやすい!

そんな福島県の交通網として、まず東北新幹線や山形新幹線が通っています。東北新幹線は東京駅から新青森駅を結び、福島県内としては福島駅、郡山駅、新白河駅の3つの駅があります。山形新幹線は福島駅から山形駅を経て同じ山形県の新庄駅まで走っているミニ新幹線といわれる鉄道です。

JR在来線では東京駅から盛岡駅を結ぶ東北本線、福島駅から山形と秋田経由で青森駅に至る奥羽本線、東京の日暮里駅から千葉、茨城を経由して岩手県の岩沼駅に至る常磐線、郡山駅と新潟県の新津駅を結ぶ磐越西線、県内のいわき駅と郡山駅を結び「ゆうゆうあぶくまライン」という愛称で親しまれている磐越東線、会津若松駅から新潟県の小出駅を結ぶ只見線、茨城県の水戸と郡山駅を結ぶ水郡線があります。

私鉄では「いい電」とも言われ福島駅から飯坂温泉を結び、通勤や通学でもよく利用される飯坂線が通っています。他にも阿武隈急行や会津線、会津鬼怒川線という第三セクターの鉄道も通っており、バス路線も8社が運行しています。

自動車での交通網としては、埼玉県の川口ジャンクションから青森インターチェンジまでを結ぶ東北自動車道、いわきジャンクションから新潟中央インターチェンジまでを結ぶ磐越自動車道、東京から仙台までを結ぶ常磐自動車道の3つの高速道路のほかにも阿武隈高原道路などもあります。

福島県の合宿免許は観光も満喫できる!

観光スポットとしては、全国でもまれな赤瓦の天守閣を持った「鶴ヶ城」、一日中楽しめる「スパリゾートハワイアンズ」、釣り堀で魚を釣ったり、大水槽の前で鮨を食べたりできる水族館、「アクアマリンふくしま」、古き良き温泉宿やにぎやかなホテルが点在する「東山温泉」、磐梯高原のスキー場「グランデコスノーリゾート」、土産物店や食堂などがたくさんある「いわき・ララ・ミュ」、伝統工芸やアミューズメントも楽しめる「会津武家屋敷」など一年中楽しめる観光スポットも盛りだくさんです。

食べ物も「浪江焼きそば」や「喜多方ラーメン」「白河ラーメン」「円盤ギョーザ」「喜多方ラーメンバーガー」「イカ人参」「こづゆ」「あいづそば」など、さまざまなグルメを楽しめます。

現地でぜひ堪能したい!常磐ものの魅力

福島県の「常磐もの」をご存知でしょうか。実は築地では「常磐ものは美味しい」と有名な水産物なのです。福島の海は黒潮(暖かい海流)とともに北上してきた魚が、プランクトンたっぷりの親潮(冷たい海流)と合流して繁殖するエリアなので、質のいい魚が穫れるのです。また、「常磐もの」とは茨城現と福島県浜通りの沿岸海域で穫れる魚介類を指していましたが、現在はいわき市が、いわき市で穫れた魚介類やそれらを使った加工品を「常磐もの」としてブランド化しています。加工品は通販等でも購入できるため、全国の方が楽しめます。とくにいわき市の郷土料理さんまポーポー焼、目光唐揚げ、縄文干しめひかり等があり、食べ比べセットが人気のようです。

雪は大丈夫?福島県では冬でも安心して合宿免許の教習ができる?

福島県の合宿免許に興味をお持ちになった方の中には「雪が降っても教習できるの?」と疑問を感じる方も多いでしょう。たしかに冬の東北地方は雪の量が多く「教習どころではないのでは?」と思ってしまいますよね。

しかし、降雪が多い地域だからこそ対策も万全で、冬の福島県では凍結抑制剤の散布や除雪車による道路の拡幅がしっかり行われています。そのため、教習も安心して進めていくことができます。

また、上でもお話ししましたが、福島県には雪の量が少ないエリアと雪の量が多いエリアがあります。もし降雪が不安な方は、あらかじめ雪の少ないエリアの教習所を選択するのもいい方法かもしれません。福島県の合宿免許は冬でも安全に取り組むことができますので、ぜひ参加してみてください!

運転免許トロッカ!では、福島県郡山市、南会津、いわき市、白河市、伊達市、安達郡大玉村、福島市の合宿免許をご紹介しています。学生の方なら卒業旅行を兼ねての合宿免許もおススメです。福島各エリアでの観光やグルメを楽しんでみてはいかがでしょうか。

福島県は2021年に「TOKIO課」を設置

アイドルグループ「TOKIO」は長らくテレビ番組の企画で福島県を訪れて盛り上げていました。この連携は福島第1原発事故による風評払拭の一環で、長年無償で取り組んできました。2023年には親会社の問題が取りざたされる中、福島県はTOKIOとの連携を続けることを発表し、今も良好な関係を築いています。福島県はこれからも復興への取り組みが期待されており、TOKIOとの連携はその一環として重要な役割を果たしています。

運転免許トロッカ!では、福島県郡山市、南会津、いわき市、白河市、伊達市、安達郡大玉村、福島市の合宿免許をご紹介しています。学生の方なら卒業旅行を兼ねての合宿免許もおススメです。福島各エリアでの観光やグルメを楽しんでみてはいかがでしょうか。福島の教習所情報は「合宿免許の自動車学校一覧」をご覧ください。

福島県の特産品・名産品

豊かな自然に恵まれた福島県は農業が盛んで、特産品や名産品が数多くあります。特に桃は生産量が全国2位(2019年調べ)で、桃のスイーツがたくさん作られており、お土産としても人気です。その他に、「ぶどう」を活かしたワイナリーも活発で、地域活性化の一翼を担っています。まだまだあります、会津地方で栽培されている梅は「高田梅」と呼ばれ、果実は普通の梅の約2倍の大きさにもなり、ブランド化されています。そして献上柿としても知られている「身不知柿」、鑑評会にて金賞を何度も受賞している地酒の日本酒、昔の伝統と今に残る手焼きの「高田せんべい」など、特産品・名産品の宝庫。

そのため福島県では、選りすぐりの産品を選定・認証し、全国に向けて県産品の知名度を向上させる施策として「福島県ブランド認証制度」を展開しています。2023年3月現在、「日本酒」「牛肉」「みそ」「鶏肉」「伝統的工芸品(総桐箪笥)」「もも(あかつき)」「ヒラメ」「会津身不知柿」「あんぽ柿」の9品目39商品を認証しています。これらの「福島県ブランド認証産品」は、取り扱い店やWEBサイトで購入することができます。 また、会津が独自で全国に誇れる多くの優れたものを「会津ブランド」と認定しています。 また、会津が全国に誇れる多くの優れたものを「会津ブランド」と認定していますが、その一つに「馬肉」もあり、会津若松には馬肉の専門店も多く、居酒屋でも美味しい馬肉が食べられます。

北海道/東北エリアの合宿免許を見る

運転免許トロッカ!なら最低価格保証

お気に入りボックスに追加

教習プランをお気に入りボックスに登録できて予約もカンタン!検索結果や各教習所ページの『入校日カレンダー』から入校日を選んで登録してね! お気に入りボックスの使い方

普通車の教習所選び

その他・免許を取ろう!

ご利用ナビ!

運転免許取得後のお役立ち情報 ラクラク運転免許ローン