三重県の合宿免許教習所 | 合宿免許なら運転免許トロッカ!

更新日:

2000年の歴史を持つ聖地

紀伊半島東部、三重県は南北に180キロにもなる細長い県。
三重県の中でも全国的に有名な伊勢神宮は、日本神話の主神である天照大神を祀る神社として知られています。この神宮は歴史的に皇室との深い結びつきがあり、古くから交通の要所として栄えてきました。江戸時代には伊勢神宮への集団参拝である「お蔭参り」が流行し、そのために東海道が整備されました。また、この整備された参詣道のひとつが、現在も世界遺産として認められている熊野古道です。伊勢神宮と熊野古道は、日本の歴史と文化に深く根ざしています。

北部には鈴鹿山脈と布引山脈、東側には養老山地。南には台高山脈、紀伊山地が位置しており、山地・山脈と平地と盆地にわかれた地形が特徴です。 世界遺産の熊野古道やリアス式海岸をはじめとした美しい景観の数々は、三重県を訪れたなら一目見ておきたいポイント。伊賀忍者の発祥の地としても知られており、景観だけでなく文化面でも日本人の古来の美しさに触れることができる貴重な県と言えるでしょう。ナガシマスパーランド、鈴鹿サーキット、鳥羽水族館など観光資源にも恵まれています。2016年には伊勢志摩サミットが開催されました。

伊勢市は三重県の南東部に位置。冒頭でもお伝えしましたが、その名の通り伊勢神宮があります。伊勢神宮は正式には「神宮」といい、天皇家の先祖の天照大御神を祭る内宮と衣食住の神、豊受御大神を祭る外宮からなります。今も全国から多くの参拝客を集めます。60年に一度すべての建物を建て替える「式年遷宮」は、1300年も続いています。門前の「おかげ横丁」は、赤福餅をはじめとするグルメやお土産の街として大人気です。東海地方と関西地方の間に位置し、両方の文化が入り混じるのも三重県の特色です

三重県の合宿免許は、どの県からの入校者が多いか!ランキング

(2010〜2014年当社実績)

  1. 愛知県
  2. 大阪府
  3. 岐阜県
  4. 滋賀県
  5. 兵庫県

東海エリアの合宿免許を見る

※各教習所の料金は年間の最安値~最高値を表示しております。

普通車AT224,400円353,100円(税込)

「ほめちぎる教習所」として、マスコミから取材が殺到した教習所。ほめられることで、楽しくノビノビと教習が受けられるんです!

三重県南部自動車学校イメージ

三重県ってどんなところ?

三重県は日本の中部、紀伊半島の東海岸側に位置する県です。南北約170kmと縦に長い県域を有しており、北部は伊勢湾、南部では太平洋に面しています。総面積は約5,777平方キロメートルと広大で、県土の3分の2を森林や山地が占める他、山地には自然保護区も存在しており、西部から南西部にかけては手付かずの雄大な自然を見ることができるでしょう。また、県内には多くの河川が流れ、特に伊勢湾を囲むようにして大小様々な河川が海に向かって伸びており、これらは三重県に住む173万人(令和5年9月現在)の生活を支えています。県内には、平成17年度までに69あった市町村が旧合併特例法により再編され、現在は29市町が存在しています。そのうち上位5市(津市、四日市市、伊勢市、松阪市、鈴鹿市)が県全体の面積の49%ほどを占めています。

食の面では、松阪牛と伊勢海老の2つの至宝を誇る美食の宝庫です。松阪牛は、三重県松阪市を中心に肥育された黒毛和種の雌牛から生まれた極上の和牛で、その味わいはまさに「肉の芸術品」と称されています。日本三大和牛の一つである松阪牛は、極上の肉質と独自の風味が特徴で、2002年にはなんと5000万円という高額がつけられたこともある、国内最高級のブランド牛です。 一方、伊勢海老は三重県の海で捕れる国内最大級の海老で、体長が30㎝を超えるものも珍しくありません。三重県は伊勢海老の漁獲量が日本一で、特に伊勢湾で獲れる伊勢海老は絶品とされています。しかしながら、伊勢海老の特徴は養殖が難しく、足が取れやすいこと。そのため、猟師たちは一匹ずつ丁寧に漁獲し、その鮮度と風味を保つために努力しています。 三重県の松阪牛と伊勢海老は、日本の美食愛好者にとって魅力的な食材であり、地元の誇りとして親しまれています。その美味しさを一度味わえば、その虜になることでしょう。

三重県は農業・産業・工業・観光業いずれの産業も盛んで、中でも製造業はそのうちの3割と高い割合を占めており、その高さは国内でも指で数えられる程。自動販売機部品のシェアでは三重県が日本一となっています。また、三重県北部には東海3県を跨いで広がる臨海工業地帯「中京工業地帯」が広がっており、製品出荷額の規模は日本最大級です。更に三重県は多くの観光地や観光資源を抱えていることから、製造業に次いで観光産業も大きく発展しており、遡ること「お伊勢参り」が流行し始めた江戸時代から現代に至るまで三重県の重要な産業の一つとなっています。気候としては太平洋に面していることから温暖な太平気候に属し、四季がはっきりと分かれています。また、夏は暑く湿度が高いため、雨季にはやや雨が多くなるのが特徴です。

一方、冬季は寒冷で「鈴鹿おろし」と呼ばれる季節風の影響を受けることから厳しく冷え込むこともあります。三重県の特産品としては、「伊勢海老」や「松坂牛」などが有名で、伊勢海老の漁獲量の3割近くが三重県産。その数は全国一位を誇ります。また、松坂牛は日本三大和牛の一つとされている他、海外においても日本を代表する銘柄にもなっており、国内外問わず高い評価を受けています。松坂市で育った牛は「肉の芸術品」とも呼ばれる程で、2010年には西暦にちなんで一頭2,010万円の値が付けられたことで話題にもなりました。

三重周辺の教習所情報は「合宿免許の自動車学校一覧」を御覧ください。

三重県のおすすめ観光スポット

三重県は、本州の中央部に位置する、海と山に囲まれた自然豊かな県です。豊かな自然や歴史・文化を活かした様々な観光スポットが点在しています。 伊勢神宮は、日本三大神社の一つで、日本全国から多くの参拝客が訪れます。内宮と外宮から成り、内宮は天照大御神を主祭神とする神社で、皇室の祖神を祀る最高の神社とされています。鳥羽水族館は、日本最大級の展示生物を有する水族館です。世界中の海や川の生き物約1,200種を展示しており、アシカのショーやペンギン散歩など様々なイベントを開催しています。

志摩スペイン村は、スペインの街並みを再現したテーマパークです。スペインの伝統建築や街並みが美しく、まるでスペインに迷い込んだような気分を味わうことができます。 伊賀上野城は、伊賀忍者の里として知られる伊賀市にある城です。室町時代からあったとされる平楽寺や仁木氏館を天正13年に筒井定次によって築城されました。城は高丘の頂上を本丸とし、東寄りに三層の天守閣があるのが特徴とされています。 鈴鹿サーキットは、F1などのレースが開催される国際サーキットです。全長5.807kmのコースには、高速コーナーや低速コーナーなど、様々なタイプのコーナーがあり屈指のテクニカル・コースです。

二見興玉神社は、道開きの神として知られる「猿田彦大神」を祭っている神社です。境内には、しめ縄で結ばれた大小の岩があり、寄り添っていることから「夫婦岩」と呼ばれ、縁結びや夫婦円満のシンボルとして親しまれています。御在所岳は三重県と滋賀県にまたがる標高1,212mの山です。山頂まではロープウェイが通されており、その規模は日本一。ゴンドラからは四季折々の美しい風景を見ることができます。志摩地中海村は、地中海の街を再現した体験型リゾートヴィレッジ。敷地内には、レストランやカフェ、天然温泉などがあり、ゆったりとした異国情緒の雰囲気を楽しめます。

いずれの観光スポットもそれぞれ異なる魅力を持っており、三重県の魅力を存分に味わうことができます。ぜひ、三重県を訪れる際は、これらの観光スポットを訪れてみてください。

東海エリアの合宿免許を見る

運転免許トロッカ!なら最低価格保証

お気に入りボックスに追加

教習プランをお気に入りボックスに登録できて予約もカンタン!検索結果や各教習所ページの『入校日カレンダー』から入校日を選んで登録してね! お気に入りボックスの使い方

普通車の教習所選び

その他・免許を取ろう!

ご利用ナビ!

運転免許取得後のお役立ち情報 ラクラク運転免許ローン