岡山県の合宿免許教習所 | 合宿免許なら運転免許トロッカ!

更新日:

瀬戸内海に面しグルメも楽しい“晴れの国”

岡山県は中国地方に位置し、面積は約7,114.50平方キロメートル。日本の47都道府県中7番目に広い県です。その地理的特徴から「晴れの国おかやま」と呼ばれ、年間を通して雨や雪が少なく温暖で日照時間が長いことが特徴です。 また、県内は北部の中国山地、中部の吉備高原、南部の平野と地形は多様です。美しい瀬戸内海が広がり、四国や山陰とも近く、古くから文化交通の要所として発展してきました。
岡山県の名前の由来は、1590年に石山城を居城としていた宇喜多秀家が新城を建築する際、城の本丸と天守閣を築いた場所が小さな丘で「岡山」という名前であり、「岡山城」と呼んだことに由来するという説が有力です。 明治時代には、倉敷が水運の要所となり、繊維産業が盛んになりました。現在、岡山県は「ものづくり県」として知られ、自動車、造船、電子機器、農業機械などの産業が盛んです。 また、繊維、耐火物などの製造業や、運輸業、医療業なども集積しています。

県庁所在地の岡山市は、桃太郎伝説の発祥の地とされています。白桃、マスカット、ピオーネなどブランド品の果物が名産。また、海産物をふんだんに使った「祭り寿司」や、ままかり、きび団子でも知られるグルメな町です。 観光地としては、倉敷美観地区や後楽園、備中松山城などがあり、桃太郎伝説ゆかりの観光スポットも点在しています。 特産品は、白桃やマスカット、ピオーネなどの果物や、「きぬむすめ」などの米、桃太郎トマト、ゴボウ、アスパラガスなどの野菜があります。

海山の恵み豊かな「晴れの国」の名の通り天候に恵まれることが多く、年間を通して雨や雪が少なく、温暖で日照時間が長いことからこのように晴れの国と呼ばれるようになりました。 北部には鳥取県との境である中国山地があり、標高1,000~1,300m程の山岳地帯が広がっています。岡山県の誕生は遡ること明治4年7月14日(1871年8月29日)。 明治新政府が行った廃藩置県により岡山藩を受け継ぐ形で誕生し、現在の岡山県の形となりました。

岡山県の合宿免許は、どの県からの入校者が多いか!ランキング

(2010~2014年当社実績)

  1. 大阪府
  2. 岡山県
    (一部ご入校いただけない地域があります)
  3. 愛知県
  4. 兵庫県
  5. 広島県
  6. 福岡県

中国・四国エリアの合宿免許を見る

※各教習所の料金は年間の最安値~最高値を表示しております。

普通車AT275,000円319,000円(税込)

豊かな自然の中で、ホテルのような校内宿舎に滞在する合宿免許です。室内にはドライヤー・冷蔵庫・エアコン・テレビ・DVD・Wi-Fi(無線LAN)完備。またテニスコートも無料で利用できます。専属シェフが腕をふるう料理も豊富なメニューで大好評です。

高梁自動車学校イメージ

普通車AT275,000円374,000円(税込)

人気の観光スポットもたくさんある岡山県倉敷市に立地する教習所。2017年12月に新築された校舎と校内宿舎は、設備も充実で快適そのもの。テラスからは海が見渡せ、夜には工場地帯の夜景が広がります。倉敷観光も楽しめる合宿免許です!

新倉敷自動車学校イメージ

岡山県ってどんなところ?

岡山県の面積は、7,114.77㎢(国土面積の1.9%、全国17位)、人口は約185万人(2023年2月時点)です。地形は、大きく分けて県北部、県中部、県南部があります。県北部は1000m前後の山が連なっている中国山地に接しており、県中部は津山盆地と吉備高原がある丘陵地、県南部は岡山平野を中心とした平野が広がっています。また、中国山地から流れる吉井川、旭川、高梁川は瀬戸内海に注いでいます。瀬戸内海には大小の島々が点在していますが、7つの島からなる「笹岡諸島」と、13の島々からなる「日生諸島」など、大小合わせて90程の島が岡山県に属しています。日生諸島の中で最も人口の多い頭島は、海水浴や潮干狩りなどの豊かな自然を生かしたレジャーが盛んです。その他、世界最大級の橋梁が連なる「瀬戸大橋」は、毎日発生時間は違うものの、渦潮を見ることができます。夜はライトアップされた瀬戸大橋はとてもロマンチックな雰囲気で観光地としても人気です。

岡山県は、中国地方の南東部に位置しており、県庁所在地は岡山市です。岡山市は東瀬戸経済圏最多の人口を有する都市であり、政令指定都市に指定されています。また岡山県は兵庫県と広島県及び鳥取県に隣接し、東側には陸路を挟んで関西、南側には瀬戸内海を挟んで四国があります。また、岡山県は旧石器時代2万5000年前の太古より栄えていた地域とされています。特に記紀の時代には優れた製鉄技術を武器に大和朝廷に並ぶ吉備国として栄え、造山古墳や作山古墳、両宮山古墳などの大型古墳が数多く残されています。

現在では、米やブドウなどの農業だけで無く自動車産業や製鉄業などの重化学工業も盛んであり、バイオテクノロジーやインフォメーションテクノロジーなどの誘致にも成功し、浅口郡や児島郡に広がる水島コンビナートは西日本一の貨物取扱量を誇っています。

もちろん、それだけではありません。その他にも、様々な水産物の養殖が盛んで、県内では多くの水産物が生産されています。中でも”フナ”は漁獲量が日本一として知られ、シェアは全国の約半分以上。フナを使った料理も食されており、郷土料理「ふなめし」は全国的にも有名です。また、県北部は山岳地帯であることからヒノキ素材の一大生産地となっており、生産量は全国2位。製材技術や乾燥技術が高く、木材の品質は全国でもトップクラスとも言われています。さらに岡山県は江戸時代から続く繊維産業でも有名です。綿の栽培に適した気候で、伝統芸能として盛んであった企業が学生服の生産にも乗り出したことで、今や流通する学生服の7割は岡山県で製造されたものとなっています。

また、岡山県は、菅原文太さん主演の「トラック野郎」や渥美清さん主演の「男はつらいよ」、横溝正史さん原作の「悪魔の手毬唄」や「獄門島」、「悪霊島」などの映画の舞台となった県であり、近年ではあさのあつこさん原作の「バッテリー」の聖地として多くの観光客が訪れている県です。

岡山県は、桃太郎伝説発祥の地なので様々な種類のきびだんごが1番の名物ですが、マスカット・オブ・アレキサンドリアやシャインマスカット、ニューピオーネ、瀬戸ジャイアンツ、オーロラブラックなどのブドウ、清水白桃や川中島白桃、白鳳などの桃、愛宕梨やヤーリーなどの梨、足守メロンなどの岡山果実が特産品とされる他、手延べそうめんやままかりの酢漬けなどの郷土料理も有名です。また、岡山県はマッシュルームの産地としても有名で、生産量は千葉県に次いで全国2位で、35.3%の全国シェアを誇ります。

伝統行事やお祭りといえば、岡山県最大級の夏まつりである「岡山桃太郎まつり」が特に有名です。岡山県に伝わる「温羅伝説」を下に、鬼の衣装に扮した踊り手たちが「うじゃらおどり」と呼ばれる踊りを披露するお祭りです。パレードやステージで見られるパフォーマンスはまさに圧巻の一言と言えるでしょう。その他にも深夜から未明にかけて行われる日本の選択無形民俗文化財でもある「護法祭」や、締め込み姿の男性たちが福を求めて2本の宝木を奪い合う「西大寺のはだか祭り」などは、一風変わった奇祭としても知られています。

伝統工芸品としては、備前焼や烏城彫、勝山竹細工、高田硯、酒津焼、奥備中神代和紙、郷原漆器などに加え、ジーンズや倉敷帆布も有名です。また、備前焼は、日本6古窯の1つとされ、釉薬を使わない酸化焔焼成が特徴であり、高田硯は黒色粘板岩の漆黒の光沢が美しいとして室町時代から珍重されてきた特産品です。

岡山県の県民性は、記紀の時代の優れた製鉄技術に始まり、塩の製造や製糸業など経済における完備性を追求する事業に古代より携わって来た事から理論に基づく合理性を無意識に追い求める気質があるとされます。

目標実現の為に自己を律する事の出来るしっかり者が多く、衝動的な買い物や無駄使いを嫌い計画的な出費を心掛ける県民が多いので財布のひもが堅い傾向が強く見られると言われます。

一方で、県民の合理主義が他人に対して冷たいイメージを抱かせてしまう事がしばしばあります。基本的に人間性に癖が無く本心と建前を使い分けるので良好な人間関係を構築する傾向が強く、特に女性は芯が強い一面も垣間見る事が出来ますが、明るく素直な女性が多いのも特徴です。

岡山県の気候は、鳥取県と中国山地で隣接する北部を除き基本的には典型的な瀬戸内海式気候とされ、5月下旬〜7月上旬の梅雨期と秋雨や台風の多い9月には雨量が多くなる傾向がありますが、年間降水量は1200mm程度と全国平均よりも少ないのが特徴です。

特に都市部では、中国山地を越えて来るフェーン現象が猛暑を引き起こす事が多々ある地域です。県北部は、鳥取県に隣接する中国山地沿いでは雷や強風、積雪が多い日本海側気候の特徴が見られます。

冬季に積雪が1mを超える真庭市蒜山を中心に4箇所のスキー場があります。県北部は、県南部の平地に比べて年間降水量が多く、気温も厳冬期には最低気温が氷点下を下回る地域も多くあります。

運転免許トロッカ!では、岡山県の豊かな自然に囲まれた、楽しいイベントの多い免許合宿教習所をご紹介しています。岡山県にせっかく行くのですから、免許合宿だけで終わってしまってはとてももったいないです。岡山県の豊かな自然、美味しいグルメ、楽しい観光地など岡山県の魅力をぜひたくさん味わってくださいね。

岡山の教習所情報は「合宿免許の自動車学校一覧」へ

岡山県のおすすめ観光スポット

岡山県の観光地には、岡山城や松山城、津山城、鬼ノ城、後楽園、吉備津神社、倉敷美観地区、夢二郷土美術館、大原美術館など数多くの観光スポットがあります。

岡山城は、公益財団法人日本城郭協会が各都道府県から1から数城ずつ選定している「日本100名城」のひとつです。1931年に天守が国宝に指定されたが、1945年の岡山大空襲によって焼失し、現在は1966年に再建されたものが見学できる。その他、月見櫓や、西丸西手櫓は国指定重要文化財となっている。黒漆塗の下見板を城の外壁に貼り付けている事から烏城や金烏城とも呼ばれ、関ヶ原の戦い後に豊臣秀吉の養子であった小早川秀秋が移封された城や天守閣の北側の後楽園などでも全国に知られる観光スポットです。入場チケットはWEBサイトでも購入することができます。

岡山県岡山市北区にある後楽園は、岡山藩2代目藩主の池田綱政の命により14年の歳月を費やして造営された元禄文化を色濃く残す池泉回遊式の庭園であり、加賀藩金沢城の兼六園と水戸藩の偕楽園と並び日本三名園に数えられる観光スポットです。1952年には歴史的文化遺産として「特別名勝」に指定され、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで三つ星にされています。後楽園内では、能舞台や山桜と楓、大名蓮などの季節の花々を楽しめます。また、後楽園からは旭川を隔てて岡山城を望めます。絶景なので、ぜひ訪れてみてください。

吉備津神社は、神武天皇以降欠史の8代と呼ばれる天皇の1人である第7代孝霊天皇の皇子かつ日本書紀において西道に派遣された四道将軍である大吉備津彦命を祀る神社であり、桃太郎伝説のモデルになったとされる温羅退治の伝説が残されている神社でもあります。

倉敷美観地区は岡山県倉敷市にある町並保存地区・観光地区とされ、歴史情緒あふれる白壁の蔵屋敷が立ち並ぶ岡山県内でも屈指の観光スポット。倉敷市本町全域、中央1丁目北部、東町・阿知と、広い範囲に渡って江戸時代の美しい街並みが広がっており、映画やドラマのロケ地としても利用されています。地区内にはオシャレなカフェに雑貨やアパレルショップなどが数多く軒を連ねている他、美観地区の中心を流れる倉敷川では川舟に乗ることもでき、ゆっくりと贅沢な時間を過ごすことができるでしょう。

美作(みまさか)地方には美作三湯と呼ばれる歴史ある温泉地「湯村温泉、津山温泉、奥津温泉」の三つがあり、西日本でも有数の湯の国です。また、1990年に国際自動車連盟(FIA)公認コースとしてオープンした岡山国際サーキットがあります。F1パシフィックグランプリを開催したことのある有名なサーキットで、スタンドがコースに近く臨場感あふれる迫力のレース展開を楽しめます。

中国・四国エリアの合宿免許を見る

運転免許トロッカ!なら最低価格保証

お気に入りボックスに追加

教習プランをお気に入りボックスに登録できて予約もカンタン!検索結果や各教習所ページの『入校日カレンダー』から入校日を選んで登録してね! お気に入りボックスの使い方

普通車の教習所選び

その他・免許を取ろう!

ご利用ナビ!

運転免許取得後のお役立ち情報 ラクラク運転免許ローン